建設業退職金共済制度について

建退共は、建設業現場で働く人たちのための退職金共済制度です。
退職金は、勤務条件の重要な部分ですから、労働協約や、就業規則で定めるのが一般的ですが、中小企業ではなかなかそこまで手が回らないのが現状です。
建退共は、この未整備となりがちな中小企業を対象として建設省と労働省が検討を重ね、昭和39年に中小企業退職金共済法という法律に基づいて建設現場で働く人たちのためにつくられた、退職金の共済制度です。